ネットで稼ぐためには… > 気になることを検証3 > アクセスアップには正しいXHTMLで
2007年01月28日

アクセスアップには正しいXHTMLで

XHTMLが主流になりつつあるので、アクセスアップを図るには正しいXHTML文法で記述することが必要です。つまり、HTMLではなくXHTMLを使うことが検索エンジンに上位表示に繋がるということです。


正しいXHTMLの重要性

今現在はHTMLが主流ですが、既に一部のブラウザではXHTMLでなければ表示されないということもあります。

そしてXHTMLが主流となった場合には今のままでは表示されないということも考えられます。

正しい記述をすることで、上位検索表示も可能となりアクセスアップにも繋がるので、今のうちから正しい記述をしていくことが必要だと思います。


間違いがないことをチェック

嬉しいことにページのHTMLを検証してくれるAnother HTML-lintというサイトがあります。

やり方はチェックしたいページのURLを入れ、チェックボタンをクリックするだけです。その後、結果と解説を参考に修正していきます。

今回チェックしたら完璧に作ったつもりだったのに「がんばりましょう」でした。そしてようやく「よくできました」まで修正することが出来たので、今までの記事も修正していこうと思います。

ただ、「HTML-lintで100点なら良いのか」を見ると必ずしも満点が良いというわけではないようです。

この記事へのコメント
コメントを書く
コメントに関するお願い

荒らし対策のため、以下のようなコメントは削除対象となります。

  • 記事への関連性がない、単なる宣伝目的のもの
  • 様々なHPに同一の内容を書き込んでいるもの
  • 違法性のあるもの

これ以外のコメントは全て公開します。

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32175646
トラックバックに関するお願い

荒らし対策のため、以下のようなコメントは削除対象となります。

  • 記事への関連性がない、単なる宣伝目的のもの
  • 違法性のあるもの

これ以外のトラックバックは全て公開します。

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。